はくほう会セントラル病院

  • 背景色
兵庫県尼崎市東園田町4丁目23−1 TEL:06-4960-6800

兵庫県尼崎市東園田町4丁目23−1

06-4960-6800

病院のご案内

about

病院指標

平成30年度 医療法人伯鳳会 はくほう会セントラル病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 2 16 14 23 68 92 178 385 516 204
当院で入院される主な疾患としては、狭心症などの循環器疾患及び、高齢者に多い肺炎などの呼吸器疾患や大腿骨の骨折をはじめとする整形外科疾患が中心となっており、年代的には70歳代以上の退院患者が全体の7割を超える状況となっています。
一部、手や足の骨折で手術を目的とした若年層の患者も入院されていました。

※対象患者数を10歳ごとの区切りで集計しています。

【共通定義(対象患者)】
平成30年4月1日~平成31年3月31日の間に退院された患者(退院日の年齢)のうち、定義は以下の通りとなります。
・医療保険適用患者(公費・生活保護を含む)で一般病棟に1日以上入院した患者が対象となります。(労働災害保険や自由診療の入院を除く)
・対象期間内に複数回入院された場合は、それぞれがカウント対象となります。
(患者数は、同一患者が重複する場合があります)
但し、当院にて前回退院された患者のうち、7日以内に同じ傷病が原因で再入院された場合は一連としてカウントします。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
当院はDPC準備病院のため、診断群分類別患者数等の集計を行っておりません。
(令和2年4月DPC対象病院となる予定です。)
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類 基準(※) 版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 7
大腸癌 7
乳癌 7
肺癌 7
肝癌 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
・5大癌と呼ばれる、胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者さんの人数を初発の病期(ステージ)分類別、および再発に分け集計します。
・集計期間内に複数回入院しても1例とカウントします。
・当院において、癌の診断、初回治療を行った場合を「初発」とし、当院または他院で初回治療が完了した後に当院で患者さんを診察した場合や、再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を「再発」とします。

※対象患者数が10件未満の区分は「-」(ハイフン)とし、掲載の対象外としています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均 在院日数 平均年齢
軽症 13 11.31 59.77
中等症 90 21.92 83.77
重症
超重症 11 27.36 88.18
不明
成人市中肺炎の重症度分類において、当院入院患者では中等症が最も多くなっております。中等症以上は軽症に比べ平均年齢が高くなっております。高齢なほど重症化するとともに、治療にかかる平均的な日数(平均在院日数)も長期化することが見られます。
「成人市中肺炎診療ガイドライン」において、軽症は外来治療となっておりますが、肺炎発症の引き金となった起因菌不明及び、がんや糖尿病等の基礎疾患の有無等、患者の状況・状態により重症化する前に入院治療になることも多くあります。

※対象患者数が10件未満の区分は「-」(ハイフン)とし、掲載の対象外としています。
※入院のきっかけとなった病名および最も医療資源を投入した傷病名が市中肺炎の患者が対象となります。(誤嚥性肺炎・インフルエンザ肺炎・ウイルス性肺炎及び入院発症後の肺炎を患者は除きます。)
※重症度区分は、日本呼吸器学会で示される「成人市中肺炎診療ガイドライン」による肺炎重症度分類(A-DROP)の定義に基づいた患者数としています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 18 75.5 73.44 0
その他 26 120.04 78.27 11.36
脳梗塞を発症された患者さんには早期にリハビリテーションを開始し、早期退院につながるよう努めております。又、急性期の治療が終了した後、ご自宅への退院が困難な患者については、継続加療を行えるよう当院の回復期リハビリテーションにて療養して頂くことも含めた連携体制の確保にも努めています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 30 1.13 2.40 6.67 72.73
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 21 7.62 21.43 4.76 77.76
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他)
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症)
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合)
循環器内科では、不安定狭心症や心筋梗塞などの緊急治療として行う経皮的冠動脈ステント留置術を主に実施しています。又、下肢の動脈硬化(閉塞性動脈硬化症)に対して行う四肢の血管拡張術・血栓除去術も多く行っています。
他にも、徐脈性不整脈に対して永久ペースメーカ留置術を行っています。

※対象患者数が10件未満の区分は「-」(ハイフン)とし、掲載の対象外としています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 46 2.04 54.70 6.52 78.85
K0821 人工関節置換術(股) 42 2.88 32.69 4.76 75.36
K0462 骨折観血的手術(前腕) 32 1.88 24.09 0 68.39
K0463 骨折観血的手術(足) 23 1.74 19.61 0 63.61
K0811 人工骨頭挿入術(股) 19 1.42 56.68 10.53 86.58
整形外科では、加齢や骨粗鬆症により骨が脆弱になり、転倒された際などの原因で受傷しやすい大腿骨頸部骨折(股関節側の太い骨)に対して行う大腿骨の骨折観血的手術を多く実施しています。又、加齢や過度な関節運動が原因でクッションの役目を担う軟骨に過度な負担がかかり、骨同士がこすれあい変形へとつながる変形性股関節症に対して行う股関節の人工関節置換術も多く実施しています。
その他、外傷などで前腕や足の骨折をされた患者に対して行う骨折観血的手術も多くなっております。外傷が原因による患者のうち、若年層の患者も入院・手術を受けられており、平均年齢は若干低くなっています。

当院は回復期リハビリテーション病棟を有しています。急性期の治療が終了したのち、自宅への退院が困難な患者については、継続加療を行えるよう当院の回復期リハビリテーションにて療養して頂くことも含めた連携体制の確保にも努めています。
リハビリテーション科
Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 11 63.73 99.18 27.27 80.55
リハビリテーション科の手術としては、口から食事の摂れない患者や、食べてもむせ込んで肺炎などを起こしやすい患者に対し、直接胃に栄養を入れるために、お腹に小さな口を作る胃瘻造設術を行っています。
胃瘻とは、長期栄養管理法の一つの方法で、鼻からのチューブなどに比べ、患者の苦痛や介護者の負担が少なく、喉などにチューブがないため、患者の状態により、口から食事を摂れるようにする訓練(摂食機能療法)をしたり、言葉を発す訓練(言語療法)をすることなどのメリットがあります。
内科
Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満)
K654 内視鏡的消化管止血術
K7182 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの)
K722 小腸結腸内視鏡的止血術
内科では、内視鏡を使用した手術を主に行っております。
リハビリテーション科(上記)でもお伝えしています胃瘻造設術をはじめ、大腸カメラを使用したポリープ切除術などを行っています。

※対象患者数が10件未満の区分は「-」(ハイフン)とし、掲載の対象外としています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
重篤な疾患である敗血症、播種性血管内凝固症候群、その他の真菌症、手術・処置等の合併症について発症率を集計します。(医療資源を最も投入した病名と入院のきっかけとなった病名が同一かそれ以外で件数を集計します。)
播種性血管内凝固は、大腸がんや胃がんなど消化器系の大手術後又は外傷による内臓損傷等で、血液の凝固に異常をきたす疾患です。真菌感染症は、免疫力が弱い方(小児や高齢者、がんや糖尿病等)や外傷の創傷部等、様々な要因で感染症に罹る場合があります。又、血液に病原菌が入り、敗血症になることがあります。
手術の術後合併症は、手術創部からの感染や出血、血管内留置カテーテルの感染や閉塞、狭窄が原因で起こる場合があります。

※対象患者数が10件未満の区分は「-」(ハイフン)とし、掲載の対象外としています。
更新履歴
令和1年9月30日
平成30年度 病院指標の情報公開
 

TOP