リハ部門紹介

専門職紹介

医師の指示のもと、理学療法、作業療法、言語聴覚療法という治療手段を用いて、患者様のリハビリテーションを行ないます。病院理念、リハ部理念の基で、患者様に対して良質なリハビリテーションを提供できるように努めています。リハビリテーション部は、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)が所属している部門です。我々は「セラピスト」と呼ばれており、いわば治療技術の専門家です。

理学療法士:PT

ケガや病気などで身体に障害のある人や障害の発生が予測される人に 対して、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および 障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的 手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れ るように支援する医学的リハビリテーションの専門職です。

作業療法士:OT

「作業」とは、「食べる」「入浴する」などのセルフケアや、 「家事」「仕事」「余暇」など、人の日常生活に関わる全てのことを指しています。「作業療法」は身体又は精神に障害のある方に対し、主としてその応用的動作能力又は社会的適応能力の回復を図るため、手芸、工作その他の作業を治療として行います。「作業療法士」はその医学的リハビリテーションの専門職です。

言語聴覚士:ST

話す、聞く、表現する、食べる・・・。誰でもごく自然に行っていることが、病気や事故、加齢などで不自由になることがあります。また、生まれつきの障害で困っている方もいます。 こうした、ことばによるコミュニケーションや嚥下に問題が ある方々の社会復帰をお手伝いし、自分らしい生活ができるよう支援するのが言語聴覚士の仕事です。

このページの先頭へ